お気に入り車たち〜メルセデス・ベンツCLA45AMG&メルセデス・ベンツE250クーペ

更新日:

エコでお財布に優しいAMG~メルセデス・ベンツCLA45AMG

photo by Jacob Frey 4A

 

ベースモデルであるAクラスに続き、このCLAクラスにも待望のAMGモデルがリリースされました。まず、CLAクラス自体の魅力についてですが、迫力あるフロントマスクと、流れるようなサイドラインがポイントであると言えます。兄貴分のCLSクラスと比べると、さすがにずんぐりした印象がありますが、プロパーで見る限り十分に恰好良いと感じます。ボディサイズは現行Cクラスとほぼ同等で、日本でも扱い易いサイズなのが嬉しい点です。

このCLAクラスの、最もハイパフォーマンスなバージョンがCLA45AMGとなる訳ですが、その性能は2Lという排気量からは信じ難い程のものです。ターボで過給されているとは言え、リッター当たり180馬力の高出力を発生する凄まじさです。0-100kmまでの加速は4.6秒で、これは6.2L自然給気エンジンを搭載するC63AMGと比べても僅か0.1秒遅いだけです。上級車に劣らない性能と車格を持つ車が、710万円というプライスで買えるのは大いに魅力的です。

燃費は現在のところ未公表となっていますが、姉妹車種のA45AMGの13km/Lと同程度であると推測出来ます。これは、C63AMGの倍近い数字で、エコロジーが求められるご時世において、大きなメリットと言えます。実際のところ、愛車C63AMGでドライブをする際は、フューエルゲージがどんどんエンプティに近付くのが精神衛生上好ましくなかったのですが、このCLA45AMGであれば、そんな問題もなくなりそうです。ハッチバックのA45AMGも実質的に同等な車なので、そちらの選択でも良いのですが、車格感が上のCLA45AMGの方に一層魅力を感じます。

 

日本の路上で使い易いクーペ~メルセデス・ベンツE250クーペ

photo by RL GNZLZ

 

同じEクラスでも、セダン/ワゴン系とクーペ/カブリオレ系ではシャシーが異なる事をご存じの方も多いと思います。セダン/ワゴンの押し出し感のある大きなボディは、それはそれで魅力あるものですが、日常的に足代わりに使うとなると、コンパクトなクーペ/カブリオレの方が魅力的です。殊に、自分のように一人で車に乗る事が多い者にとっては、無用に大き過ぎず、スタイリッシュなクーペは魅力的な選択肢です。殊に全幅が1.8mを切っているのは、狭い路地や駐車場などの事を考えると、有難味があります。

Eクラスクーペの中で、コストパフォーマンスを重視するなら、E250の選択がベストになります。新開発の2Lリーンバーンエンジンが搭載されており、旧1.8Lエンジンをパワー・燃費の両面で凌いでいるなど、魅力が増しています。動力性能は高速道路でも十分以上のものですし、15km/Lという燃費も魅力です。勿論、予算に余裕があれば、上級グレードのE350やE550を選択する事も出来ます。

しかし、このEクラスクーペはエレガントなデザインこそ最大の魅力であり、有り余る程のパワーは必要ないと考えます。ある意味で、E250こそEクラスクーペのベストチョイスであるとも言えます。実際にもし更に予算があったとしたら、他の車種を選択する事でしょう。又、このEクラスクーペは、セダン/ワゴンと同様、最先端の運転支援装置を搭載している点も見逃せないポイントです。常に安心して走れるという事は、何物にも代えがたいメリットです。

-

Copyright© 東大阪で車買取を依頼するなら絶対ココがお勧め!【2019年最新版】 , 2019 All Rights Reserved.