お気に入り車たち〜プジョー508グリフ&プジョーRCZ

更新日:

貴重なラテン系セダン~プジョー508グリフ

 

街でよく見掛けるセダンは、レクサスをはじめとする国産車や、メルセデス・ベンツやBMWなどのドイツ車、そしてボルボなどが多く、ラテン系のセダンを見掛ける機会は滅多にありません。それ故、人の乗っていないマイナーなセダンを望む場合は、ラテン系のセダンはなかなか魅力的な選択肢ではないでしょうか。イタリアのオーソドックスな4ドアセダンは、マセラティなどの高級車を除き殆ど日本に輸入される事はないので、ラテン系セダンを望む場合、実質上フランス車択一になります。フランス製セダンも選択肢はごく少ないのですが、その内の貴重な1台がプジョー508です。

デザイン面では、押し出しの強いドイツ系セダンなどと異なり、ごく控えめで上品なイメージを持ちます。そのコンサバでさり気ない雰囲気は、この車の魅力の一つです。ボディ・サイズは意外と大きく、メルセデスで言うならCクラスとEクラスの中間くらいのサイズです。スペースユーティリティなどを考えると、大き過ぎず小さ過ぎずの絶妙なサイズと言えるかもしれません。ただ、全幅が1,855mmと広く、ターニングサークルも5.9mもある為、狭い駐車場や路地などでは取り回しに苦労する事がありそうです。

パフォーマンス面では、1.5トンを少し超える車体に1.6Lターボ156馬力のエンジンの組み合わせですから、多くは望めないでしょう。しかし、ドンガラなボディを小さいエンジンで走らせるのはフランス車本来の個性なので、これで十分です。むしろ、カタログ上11km/Lに留まる燃費の方が気になります。国産車は勿論、ドイツ車もそれより遥かに良い燃費性能を持っているからです。しかし、この車の総合的な魅力から比べると、それは大きな欠点とは言えません。

 

未だフレッシュな個性派~プジョーRCZ

photo by FotoSleuth

 

プジョーRCZがデビューした当初、その超個性的なデザインに目を剥きました。大きく口を開けたような迫力あるフロントグリル、FWDなのにミッドシップ車を彷彿とさせるサイドシルエット、張り出した前後のフェンダー、2つのコブが盛り上がったルーフなど、他のどの車にも似ていないエクステリアデザインに、強烈なインパクトを感じたものです。今でもそのデザインはフレッシュさを失っておらず、街で見掛ける度に「オ!」と思い目で追ってしまいます。

先般のマイナーチェンジにより、フロントグリルのデザインが現在のプジョー車のアイデンティティに則ったものになり、少し上品なイメージになりましたが、これはこれでバランスが取れていて悪くありません。反面、エンジンはターボで過給されるとはいえ1.6Lなので、パフォーマンス面では見た目程のインパクトはありません。高性能版のMTモデルの方でも、最高速度240km、0-100km加速が7.6秒と、スポーツカーとしては飛び抜けた数値ではありません。

しかし、格段の性能アップを果たした「R」モデルが来年にデビューを控えているとの事なので、RCZの大本命はそちらになるでしょう。その性能は、同じエンジンをベースにしながら200馬力から270馬力へと大幅にパワーアップされ、0-100km加速も5.9秒と、見た目に相応しいパフォーマンスを獲得しています。外観的にも、ローダウンサスとインチアップにより、一層迫力を増しています。価格は現時点では未定ですが、恐らく高くても500万円台には収まるのではないかと予想しています。このRCZ Rの登場が、今から楽しみです。

-

Copyright© 東大阪で車買取を依頼するなら絶対ココがお勧め!【2019年最新版】 , 2019 All Rights Reserved.